2008年07月20日

冤罪事件に思う

先日、東京高裁で布川事件の再審開始決定が維持されました。弁護士をしていると、冤罪事件ではないかと思われる事件に結構遭遇するものです。弁護人として、当然無罪を求めて被告人と一緒に闘うことになるのですが、これが想像以上に大変なことです。本来無実であるなら、簡単に無罪が出ても良いように思いますが、真実無実であったとしても、一旦起訴された事件において無罪を獲得することは本当に大変です。そのことは無罪率が示しています。
 私が無実を信じ、確信して弁護した否認事件は、今までに6件あり、その内無罪判決が出たのが2件だけです。と云うことは、私だけでも4件の冤罪事件を経験したことになり、4人の無辜の人がいることになります。
 ところで、上記再審開始決定が出されたのと相前後して、私が弁護人の一人として担当した殺人の否認事件で、結局有罪が確定し今刑務所で服役している方から手紙が来ました。この事件の高裁判決を下した裁判長と、今回再審決定を維持した決定を下した裁判長とが同じ人であったこともあり、色々な事を考えてしまいました。
 手紙を送ってくれた方は、今刑務所において、再審申立書を一生懸命起案しているとのことです。再審は開かずの扉と云われ、当然のことながら、無罪判決を得るよりも、再審決定を得る方が遙かに厳しいものです。無辜の人にもっと光が向けられる社会にならなくてはいけないと思います。裁判員裁判がその契機になると良いのですが・・・。
posted by すずらん日記 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月15日

暑い日が続きますね

ここ数日本当に暑い日が続きますね。とは言っても、なかなかゆっくり出来る身分ではないので、相変わらずあちこち行っています。昨日は、行政事件の控訴審事件があり、結審しました。控訴審は、一審で時間を掛けて審理した内容を書面だけでひっくり返されることがあり、結構怖いです。今回は、大丈夫だとは思いますが、判決をみるまではそれなりに心配です。午後は顧問先の債権の保全に関する法律相談があり、その後会報委員会に参加しました。夜は、株主総会の検査役の報告書を起案しました。株主総会の検査役は、初めてやりましたが、それなりに新鮮で面白かったです。
 今日は、午前中に債務整理事件で、県の保証協会へ出かけ、債務の繰り延べと支払い方法についてお願いしてきました。債務者の代理人の立場でお願いするのは、仕事とは言え辛いものがあります。午後からは刑事事件の打ち合わせがあり、これから新件の法律相談が入っています。これだけ暑いと、相談に来る人も大変だと思います。
posted by すずらん日記 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記