2011年01月30日

頑張れニッポン

今朝はサッカーのアジア杯決勝をテレビで観戦しました。李選手の見事なボレーシュートが決勝ゴールとなって日本が優勝、遅くまでテレビを見た甲斐がありました。日本サッカーも強くなったものですね。ザッケローニ監督の采配も見事でしたし、日本の選手も本当に粘り強くなったと思いました。
さて、日本サッカーは強くなりましたが、日本経済、日本の先行きは何だか不安ですね。最近私の事務所に相談に来られる方の中に、長年事業をしてきた会社をたたみたいと相談される方が目立つようになって来ました。以前であれば、経営者の方は、事業の継続が可能なら、最後まで(私からみると、もうとても継続は無理だと思う状態になっても)頑張ろうとする方がほとんどでしたが、最近は、まだ事業の継続が可能だと思う段階で、事業の廃止を相談に来れる方が出て来ました。特に製造業の方に多いように思います。多額の金融機関からの借入金の返済を続けてきたが、日本の製造業における下請け企業の状態から将来性を感じることが出来ず、この状態では、ただ借入金の返済のために事業を続けている気がするというのです。私も、市場や労働力を求める先がグローバル化した今日、価格競争は激化し中小企業は、他にはない何か特徴を持たないと本当に苦しい時代になったと思います。以前と異なり、もう少し頑張ればいい時代が来るよとはなかなかいえなくなりました。
しかし、何か特徴を掴めばまだまだ日本の技術は世界に誇れるものですから、十分世界と闘って行けると思います。会社の将来に不安を感じている経営者の方、一人で悩んでいないで、たまには私の事務所に来て愚痴でもこぼしてみませんか?少しは気分転換になるかもしれません。再生のヒントが見つかるかもしれませんよ!私の事務所で民事再生の申立をして、再生の途を歩んでいる会社も数社あります。
直ぐに諦めないでください。“自分”も“会社”も頑張れニッポン!です。
posted by すずらん日記 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

裁判員裁判体験記 平成23年1月22日記

昨年11月に裁判員裁判を体験しました。イラン人の覚せい罪の事件です。覚せい剤事件でも裁判員裁判になるのかと思われる方もいるかもしれません。裁判員裁判の対象事件は、大きく分けると「故意に人を死亡させた犯罪」と「法定刑に死刑又は無期刑(禁錮も含む)が含まれる犯罪」の場合です。覚せい剤事件であっても営利目的による輸入などの犯罪には無期懲役が法定刑に入っていますので、裁判員対象事件となるのです。
      4人の被告人(全員イラン人です)が同時に同じ法廷で審理を受けたので、
他の被告人の様子や他の弁護人の活動を見ることが出来、とても興味深くまた勉強にもなりました。裁判員裁判は、今までの裁判官による裁判に比べて直接主義がより反映されている手続きになっていると思いました。検察官も証拠を出来るだけ目で見て分かり易いように工夫しており、裁判員だけでなく傍聴している人にも分かり易いと思いました。今までの裁判と違い、素人の裁判員に理解して貰わなければなりませんので、弁護士も今まで通りの弁護方法では駄目だと痛感しました。裁判の結果は、私達が弁護した被告人の刑が、求刑からの割合では一番減っていたのと、私達の被告人の反省が一番心からの反省だと評価して貰えたので少しやり甲斐を感じました。
 さて、今日は休日当番弁護の日でした。お昼頃、愛知警察署に勾留されている被疑者から、当番弁護士の派遣依頼があるとの連絡を弁護士会から受けて愛知警察署に接見に行きました。事件は、30代後半の男性が、女子大生に・・・を見せたという公然わいせつ罪でした。被疑者は、逮捕・勾留されたのは初めてとのことでしたので、今後の手続きの流れ等を説明し、被疑者に知っておいてもらいたいことが書かれた差し入れ文書を差し入れて帰って来ました。
posted by すずらん日記 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記