2018年09月15日

日本弁護士連合会 人権擁護大会(青森市)

 日本弁護士連合会の人権擁護大会が10月4日・5日の2日間青森市で開催されます。人権擁護大会は日本弁護士連合会の最大行事であり、毎年多くの弁護士が全国から集まって熱心に人権問題について討論を行っております。
 今年は、「外国人労働者100万人時代」の日本の未来、組織犯罪からの被害回復〜特殊詐欺事犯の違法収益を被害者の手に〜、日本の社会保障の崩壊と再生〜若者に未来を〜、の3テーマについてシンポジウムが開催されます。いずれのシンポも魅力的なテーマであり、総てのシンポに参加してみたいですがそれは出来ませんので、外国人の労働問題がこれからの日本の将来を左右する気がすることから、第1テーマのシンポに参加しようと思っています。
 皆様は外国人が日本の社会で働くことについてどのようなご意見をお持ちですか。
posted by すずらん日記 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記