2012年10月13日

久しぶりの国選事件

 久しぶりに国選事件の依頼が法テラスからきました。自転車窃盗の容疑で逮捕勾留されている被疑者の弁護です。被疑者は40代後半の男性で、知的障害があり、今まで何度も刑務所に入ったことのある人でした。
 被疑者とは、十分な意思疎通はできませんでしたが、1年前医療刑務所から出所したこと、NPO法人の運営するグループホームでお世話になっていることなど、おおよそ自分の置かれた環境についての説明はできました。
 弁護人に望むことを尋ねたら、入歯とメガネを忘れたので取って来てほしいとのことでした。次の接見のとき、入れ歯とメガネと部屋に置いてあったお金を差し入れたところ、涙を流して喜んでいました。一度も結婚したこともなく家族とはバラバラ、そして医療刑務所と社会を往復してきた被疑者の人生を考えます。被疑者から精神障害・知的障害を抱える人を支えるNPO法人の存在を教えて貰いました。

 被疑者はこのまま起訴されると前刑(懲役3年)程度の刑は科されることになります。自転車窃盗(自転車はすぐ被害者の下へ返っています)で医療刑務所に行ってもまた同じことの繰り返しだと思い、検察官宛に起訴猶予にしてくれるよう意見書を提出しました。幸い10日で釈放されました。今どうしているかなぁ…。
posted by すずらん日記 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59159524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック